2011年下半期芥川賞作家・田中慎弥さんの小説「共喰い」を読みました。感想文

芥川賞作家・田中慎弥さんの小説、共喰いを読みました。感想文

厳密に言えば、今も読んでいる最中なのですが、どうしても書きたくなりましたので(笑)

芥川賞作家・田中慎弥さん、受賞会見で注目を集めましたよね。

「共喰い」中で扱っているテーマも重たいテーマですし、どういう人なのかなあ?と思っていたんです。

小説を読んだ彼の印象・感想は、「真面目で丁寧、家族想いの、とてもピュアな人」という印象でした。

扱っているテーマと文章に大きなギャップがあって、テーマは重いのに、描写の仕方や語り口がとても丁寧で静かなので読んでいると心地よくなります。

内容云々も含めて、その感じがとても不思議で、面白く、楽しいです。

まだ「共喰い」でしか芥川賞作家・田中慎弥さんを知りませんが、読み進めていけばいくほど、田中さんのことをどんどん好きになっていく自分がいます。

最後まで読み進めて、また更新したいと思います!

【追記】

テーマはドメスティックバイオレンスやアダルトチルドレン的なものを扱っていたりして重いのですが、最後まで重さをあまり感じませんでした。

とても不思議な感じがしました。

僕も似たり寄ったりの経験があるので、近いこととして感じれば重苦しい感じになるはずなのですが、そんなことはまったくなく、ずっとスッキリしていたんです。

僕なりの小説の楽しみ方は、余韻を楽しむことです。

読んだ後、どのような風景や香りが自分に残っているか、それを感じるのが楽しいです。

芥川賞作家・田中慎弥さんの「共喰い」を読んだ後の余韻は、黄土色の風景、大雨が降って増水して荒れた川の臭い、雨が止み静かになった川周りのシーンとした空気、太い線と細い線が途切れ途切れな感じが残っています。

抽象的な表現ですが、はっきりしている線、途絶えそうな線。

もう何度か読んでみたい小説です。それらの線がもっとくっきりするかもしれません。