本気で痩せたいならダイエット方法はコレ!1年間で20キロ痩せた理由

残すところ2017年もあと一ヶ月!ぼくはどうやら2018年からの運勢が良いようなので、2018年が楽しみです!

 

その前に、12月は誕生月ですし、クリスマスもありますので、それも楽しみですー!

 

こんにちは、ふじーたです^^

 

いきなりですけど、あなたは本気で痩せたいですか?

 

もし、本気で痩せたいのなら、この記事が有益になることをお約束します。

 

ぼくは1年間かけて、84キロから64キロに痩せました。20キロ減量しました。

 

ぼくがどのように考えて、どのように行動したのかをこれからすべて書いていきます。

 

  1. 理論編
  2. 実践編

 

の2つに分かれています。

 

この記事は、理論編になります。

 

理論編は、考え方や全体を見渡すためにあります。

 

実践編は、実際に理論を今すぐにできる行動に落とし込んで、無理なく実践していくために書いています。

 

本気で痩せたい人のために書きました!ぜひ役立ててください^^。

 

2018年6月現在では最終的に27キロ痩せました

 

27キロ痩せてから、理論がすこし変化しました。

 

この記事は2017年11月に書かれたものです。

 

2018年6月現在、編集中です。

 

 

本気で痩せたいなら

 

本気で痩せたいなら、やることはシンプルなんですけど、継続力が必要です。

 

継続力には実行力が必要ですし、そこには「本気度」が求められます。

 

本気で痩せたいなら
ダイエットには継続力が必要です。継続には本気度が求められます。

 

本気で痩せたいならダイエットは食事から!痩せたから言えること

 

痩せて思うのは、ダイエットは本当に食事が大事ってことです。

 

太ってしまう食事をしていると、なかなか痩せません。

 

でも、だからといって、食事を我慢しても後々我慢した分の食欲が襲ってきて、むしゃむしゃ食べてしまって、また太ります。これがリバウンドのもと。

 

なので、できるだけ我慢せずに毎食おなかいっぱい食べて痩せていくってことがダイエットには大事です。

 

ただし、まったく我慢しないのかというとそうではありません。

 

我慢は必要ですが、我慢する箇所と我慢しない箇所の優先順位をハッキリつけておくことで、我慢している感覚が少なく済み、食事の満足度が上がります。

 

 

本気で痩せたい!ダイエットの食事で満足度を上げる方法
  1. 我慢する箇所と我慢しない箇所の優先順位をハッキリさせる
  2. 優先順位をハッキリさせることで、我慢している感覚が少なくなる
  3. 我慢してる感覚が少なくなることで、食事の満足度が上がる

 

ぼくがこれから話すダイエット方法の場合は、1番好きなもの、1番食べたいものは我慢せずに食べることをオススメしています。

 

アイスクリームが1番好き!食べたい!というなら、それは我慢せずに食べることをオススメしています。

 

チョコレートが好きなら、それは我慢せずに、食べてください。

 

糖質制限とかもしません!

 

それらを食べることをやめて、我慢していると、高確率で無性に食べたくなって、後々の爆食い = リバウンドに繋がることになるからです。

 

ただし「量は減らす」という我慢、「2番目以降は食べない」という我慢は、必要です。

 

メリハリとは、こういうことです。

 

本気で痩せたいなら

一番好きなものは我慢しないようにしよう!量を見極めて、食べよう!

 

本気で痩せたい!と思ってなかった時のぼくのダイエット失敗談

 

ぼくがダイエットに失敗していて、痩せられなかった時の話ですw

 

ダイエットに失敗していたぼくは考えました。なかなか痩せられないなあ、と。どうしたら痩せることができるのだろう?と。

 

そこで自分の傾向を観察してみたのですが、ぼくが失敗していたのは、ダイエット理論の自分にとって都合の良いところだけを取り入れようとしていたから、でした。

 

1は簡単だからやるけど、2は面倒くさいからやらない。

 

1と2を合わせてやることが大事なのに、、、みたいなことです^^w

 

ぼくの場合は、筋トレや運動はするけど、食事制限はせずにばくばく食べていました。食事制限はしたくなかったんです。

 

そこで、ぼくがなにをしていたかというと、「なんでも食べても大丈夫だよー」という情報ばかりを信じる、そういった自分を正当化してくれる情報ばかりかき集める、ということw

 

そういう情報ばかりを集めて、落ち着いていたわけです。それは痩せたいのではなくて、自分の意見をただ正当化して欲しかった、肯定して欲しかっただけ。

 

それだとなかなか痩せませんでした。

 

他のことでも思い当たることはあるのですが、メソッドや〇〇理論がうまく機能しない時は必ず「自分にとって都合のいいところだけを取り入れよう」としていて、結果が出ないことをメソッドや〇〇理論のせいにしていました。

 

もしあなたが何回もダイエットをしても失敗しているなら、自分にとって都合の良いところだけを取り入れるような御都合主義の傾向はありませんか?

 

これはダイエットだけではなく、

 

  • なにかを克服する
  • なにかを改善する
  • なにかを習得する

 

という時に、他の事柄にも共通して言えることなので、ぜひチェックしてみてください^^

 

本気で痩せたいなら
自分にとって都合のいいことだけを取り入れる御都合主義をやめてみよう!

都合の良くないことでも少しずつ取り入れて、習慣化していくことで、痩せます。

 

 

 

本気で痩せたいなら、コレはやっちゃダメ!な2つのこと

 

でもですね、「逆もまた真なり」という言葉もありまして。

 

ダイエットを求めていて、痩せることを求めているなら、自分なりのやり方を貫いても、どんな方法であっても、それで結果さえ出ればいいわけなんです。

 

結果を追い求めるなら、どんなことであっても、「信じて、結果が出るまでやりつづける」ってことが一番大事なんですね。

 

そこで一番ダメなのが、

 

  1. 中途半端になること
  2. 決めないこと

 

この2つです。

 

あっちにしよーかなー、こっちにしよーかなーって中途半端にフラフラして、決めないことです。

 

  • 人の意見を聞かないなら、まったく聞かないでやった方がいいです。
  • 人の意見を聞くなら、しっかりと隅々まで聞いて、実践した方がいいですね。

 

どちらにもメリットとデメリットがあります。どちらかに完全に振れた方が良いです。

 

完全に振れた方が良い理由は、決めないと結果が出ない時に言い訳に逃げて、結局また痩せられなかったってことになるからです。

 

どちらにするか、決めてください^^。

 

本気で痩せたいなら

中途半端が一番ダメ。人の意見を聞くのか、聞かないのか、どちらかに決めて、結果が出るまで信じて取り組んでみよう!

 

 

本気で痩せたいなら、がむしゃらな努力や根性論ではなく、「コレ」が大事!

 

他には、「食事制限」というものが強烈な我慢を強いるものだと思っていた、ということもあります。

 

こういう思い込みに気づくことって大事なんです。食事制限って、やり方次第ではそんなにキツイものではありません

 

発想の転換、定義や解釈を変えること、工夫も大事です。

 

この場合は、「食事制限がしんどい」と思い込んでいると、そのしんどさを避けようとしますよね。

 

でも、工夫によっては、食事制限はしんどいものではなくなるんです。

 

この「工夫」が大事なんです。

 

本気で痩せたいなら

苦手なことが楽にできるように、工夫してみよう!

 

本気で痩せたいダイエット時の食事の仕方。基本的な考え方

 

ぼくがダイエットを行った時は、「カロリー」の考え方を採用しました。よく食品の裏側などに、〇〇カロリーとかって書いてありますよね?あれです。

 

でも、カロリーを信じているかと言うと、目安にしているだけで、信じてはいません。

 

人の体って未知な部分が多いので、体内に入ったものが、同じような数値で摂取されたり消費されたりするかということをぼくは信じられないからです。

 

なので、目安ですね。

 

本気で痩せたいなら
カロリーは絶対的なもの、絶対に守るべきものとして捉えるのではなく、目安として捉えよう!

 

 

本気で痩せたいダイエットの食事の基本的な考え方

 

ものすごく簡単に言うと、下記の2つのことを守れば、痩せます。

 

 

  1. 1日の摂取カロリーよりも1日の消費カロリーの方が上回ること
  2. 1番を継続すること

 

 

痩せる =  消費カロリー > 摂取カロリー

 

コレで痩せます。

 

仮にこの状態を1年間保てば、黙っていても、勝手に痩せていくことになります。

 

太るのは、消費カロリーよりも摂取カロリーの方が上回っているからです。

 

太る =  摂取カロリー >  消費カロリー

 

この式ですね。

 

本気で痩せたい!ダイエットの痩せる理由・太る理由

 

太る理由 =  摂取カロリー >  消費カロリー

 

痩せる理由 =  消費カロリー > 摂取カロリー

 

 

本気で痩せたいなら

痩せる理由を、1日1日、確実に積み重ねていこう!

 

 

本気で痩せたい時の体重を1キロ落とす時の計算方法

 

痩せる理由は、消費カロリーが摂取カロリーよりも多くなる、ということですが、これで1キロ落とすにはどのくらいの消費カロリーが必要なのか、気になりませんか?

 

体重を1キロ落とすには、7200キロカロリーの消費が必要です。

 

これを覚えておいてください。

 

本気で痩せたいなら

体重を1キロ痩せたい場合は、7200キロカロリーの消費が必要であることを覚えておこう!

 

 

本気で痩せたいなら1日の摂取カロリーからダイエットを考えていこう!

 

ここから基準になるのは、まず、1日の摂取カロリーをどれくらいにするのか?というところです。

 

どれだけ食べていいのか、気になりませんか?

 

それでは、結論から!

 

1日の摂取カロリーは1500から2000キロカロリーにします!!

 

この範囲内であれば、なにを食べても大丈夫!です。朗報!

 

これは痩せた後のことも考えて、この数値にしています!

 

痩せてからまた太ったら嫌ですよね??

 

本気で痩せたいなら

痩せた後のことまで考えて、ダイエットの計画を立て、計算してみよう!

 

 

本気で痩せたいなら1日の摂取カロリーを1500から2000キロカロリーにする根拠

 

うん、1500〜2000キロカロリーにするのはわかったけど、その根拠はどこからきてるの?って思いませんか?

 

ここではまず、1日の消費カロリーの計算方法から入ります。消費カロリーは、ざっくりとした簡単な計算方法があります。

 

 

1日の消費カロリーの計算方法

1日の消費カロリー =  体重(kg) ×  30(キロカロリー)

 

 

かなりざっくりしたものですが、この計算式を覚えておいてください。

 

体重が65キロの場合は、

 

65(kg) ×  30(キロカロリー) =  1950(キロカロリー)

 

体重が80キロの場合は、

 

80(kg) ×  30(キロカロリー) =  2400(キロカロリー)

 

普通に生活している場合に消費している、という計算方法になります。

 

普通に生活している場合、というのがミソ!

 

65キロの人の場合を簡単に計算してみよう!

65キロの人の場合では、

 

  • 普通に生活していると1950キロカロリー消費
  • 食事で2000キロカロリー摂取

 

という情報から、摂取カロリーの方が多いですので、

 

太る理由(50キロカロリー) =  2000キロカロリー摂取 > 1950キロカロリー消費

 

という式が成り立ち、プラス50キロカロリーという形になります。(1日単位)

 

この場合は、+50キロカロリーなので、太る方向になっていることはわかりますね?

 

そのままの食生活をしていると、144日後に1キロ増、という計算になります。

 

7200(キロカロリー) ÷  50(キロカロリー) =  144(日)

 

そして、ここからが肝心なんですけど、これから実践編についても説明しますが、もし、それを実践してもらえたら、平均で+500キロカロリーは消費できます。

 

つまり、

 

体重が65キロの人の場合は、

 

1950 + 500 =  2450(キロカロリー)

 

体重が80キロの人の場合は、

 

2400 +  500 =  2900(キロカロリー)

 

消費できていく計算になります。

 

65キロの人の場合を簡単に計算してみよう!(2)

65キロの人の場合では、

 

  1. 普通に生活していると1950キロカロリー
  2. 実践編でご紹介する方法を加えると、+500キロカロリーで、2450キロカロリー
  3. 摂取カロリーが多くて、2000キロカロリー

 

この3つを前提にして計算してみます。

 

この場合は、

 

痩せる理由(450キロカロリー)  = 消費カロリー(2450キロカロリー) > 摂取カロリー(2000キロカロリー)

 

という計算になります。

 

1日450キロカロリーを消費していることになりますので、

 

7200(キロカロリー) ÷ 450(キロカロリー) =  16(日)

 

この場合だと、16日で、1キロ痩せる計算になります。

 

つまり、1ヶ月で、約2キロ痩せていく計算になります。

 

1ヶ月で2キロですから、1年間(×12ヶ月)で24キロですね。

 

1年間で18キロ痩せようとした場合は、2/3くらいに緩めても18キロ痩せる計算になります。

 

 

 

本気で痩せたいなら1日の摂取カロリー1500〜2000キロカロリーって現実的??

 

でもですね、コレ、実際にやってみてください。相当しんどいはずですw

 

なにも準備なしに、段階を経てやっていかずに、いきなりコレをやると、ほとんど間違いなくきつくて無理だ!って辞めます。

 

「いや、俺はできるぜ!」っていう勇者はぜひ、チャレンジしてみてくださいw

 

やってみたらわかると思うんですが、1500〜2000キロカロリーの食事でどうやってお腹いっぱい食べるのよ?ってことに、必ず直面します。

 

にゃんたろ

空腹やべー

 

にゃんたろ

相当、我慢しなきゃ無理だろ〜

 

無理ゲーじゃね?って思いますから。

 

そして、おそらく、体の専門家の人からも、それは辞めた方がいい!って止められます。

 

なぜなら、1500キロカロリーって30代男性の基礎代謝の数値とされていて、基礎代謝というのは体にとって必須なエネルギーの最低ラインとされているからです。

 

絶対危険だから辞めた方がいいよーってなります。普通にやっていたなら。

 

そう、工夫なしに、普通にやっていたのなら!

 

ですから、これはあくまでも、最終的に1日の摂取カロリーが1500〜2000キロカロリーに落ち着くように調節していく、ということになります。

 

段階を経て、それが苦なくできるように調節していきます。

 

本気で痩せたいなら

段階を経て、最終的に、1日の摂取カロリーが1500〜2000キロカロリーになるように調整していこう!

 

本気で痩せたいなら、ダイエットを3つの段階で考えて取り組め!!

 

段階には、

 

  1. 準備段階
  2. 第1段階
  3. 第2段階

 

この3つの段階があります。

 

無理なく、きつくなく、ダイエットしていくには、こうしてすこしずつ、ゆっくり負荷をかけていく方法がいいです。

 

それは実践編で詳しい説明もかねて、ご説明していきます!

 

 

まとめ

 

それでは理論編のまとめです。

 

理論編では、本気で痩せたい人のために、

 

  1. ダイエットの食事で満足度を上げる方法
  2. ダイエットの失敗談。ぼくが痩せられなかった理由
  3. がむしゃらな努力や根性論ではなく、コレが大事
  4. ダイエットの食事の仕方。基本的な考え方
  5. 体重を1キロ落とす計算方法
  6. 1日の摂取カロリーから考える!そして、その根拠
  7. 本気で痩せたいならダイエットは段階で考えて実践する!

 

コレら7つをご説明してきました。

 

実践編では、コレを実際の行動に落とし込んで、今からできることとして書いていきます。

 

今回はここまで!ばいちゃ!