蚊をアロマで撃退してグッスリ寝る方法!オススメのオイル3つ

夜寝ている時に、蚊が耳元にやってきて寝れなかったことがあなたにはありませんか?

 

耳元でぷーんって鳴るから手で「ふん!」ってやってみても、数分すると同じ音が。

 

イライラして寝れない…

 

あなたにはそんな経験ありませんか?

 

ぼくにはありまして。あれ、ほんとめっちゃイライラします。

 

静かな中で寝ていると、次にいつ来るのか…ということが気になって、ますます寝れなくなったりもします。

 

そこで!シュッとする殺虫剤。蚊取り線香などのグッズを使います。便利ですよね、殺虫剤。

 

でも、その成分が本当に安全なのかどうなのか、あなたは気になりませんか?

 

ぼくは使っていたんですが、アレだと体が痒くなってしまったり、体がアレルギーっぽい反応するんです^^;

 

基本的には「ピレスロイド系」の成分が使われいて、人体には安全と言われているみたいです。

 

たとえば、アースノーマットですけれど

 

「アースノーマット」シリーズにはピレスロイド系の殺虫成分が使用されています。この成分は、蚊とり線香の原料として使用されたシロバナムシヨケギク(除虫菊)の花に含まれる成分とよく似た作用・構造の化合物のことで、虫に対して効果があることから、古くから虫ケア用品(家庭用殺虫剤)の殺虫成分として使用されています。人を含む哺乳動物に対しては、分解酵素の働きで速やかに代謝され、尿などで短期間に体内から排出されてしまうので毒性が低く、安全性が高いといえます。

また、安全性を考えるうえでは人と害虫の体重差が大きく影響します。例えば、蚊の体重は2~3mgほどしかありませんが、「アースノーマット」シリーズは、小さな害虫を駆除するために極めて微量な殺虫成分しか使用していません。人は害虫と比べると数千万倍も体重があるため、体重差の面からも安全性が高いといえます。

蚊とりの安全性 アースノーマット

 

と書かれてはいるものの、化合物は化合物ですし…

 

それにどうしても安全とは言われていても、自分の体はめっちゃ反応する…

 

そんなぼくと同じように、できれば自然派で撃退したい!というあなたに、様々なアロマオイルを試してみたので、実際に効果のあったものをオススメしたいと思います。

 

この記事はこんなあなたにオススメです

 

  • 化合物を使わずに自然派で蚊を撃退したい
  • 蚊だけでなく、その他も虫も追い払いたい
  • 蚊を撃退しながらも、自分もリラックスしたり、ぐっすり眠れるようになりたい

 

こんなあなたにオススメです^^。

 

実際にコレを使うと、割と大きいハエみたいな虫も弱って落ちてきます!

 

蚊をアロマで撃退しよう!オススメのオイル3つ

 

さっそく結論ですけど、

 

  1. ラベンダー・ブルガリア
  2. ゼラニウム
  3. ユーカリ・ラディアータ

 

この3つがオススメです。

 

配合の仕方は、

 

  • ラベンダー・ブルガリア2滴
  • ゼラニウム1滴
  • ユーカリ・ラディアータ1滴

 

このように配合して、アロマディフューザーに入れて、使うことをオススメします。

 

蚊に効く3つのアロマの効果・効能

 

コレはぼくが調べてものを総合した情報です。

 

ラベンダー・ブルガリアの9つの効果と効能

  1. 防虫
  2. 鎮痛
  3. 鎮静
  4. 安眠
  5. 殺菌
  6. 消毒
  7. 消炎
  8. 消臭
  9. 疲労回復

 

このような効果があると言われています。

 

ラベンダーは安眠効果もあるので、寝るときにはぴったりです!

 

 

フレーバーライフのアロマオイル

 

アロマオイルはフレーバーライフのアロマオイルを使っています。

 

ぼくの場合は、近くの薬局で買えるっていうのもあるんですけどね。

 

フレーバーライフのアロマオイルは、国内外の品質にこだわった100%ピュアのアロマオイルのようです。

 

フレーバーライフでは国内外の品質にこだわった精油(エッセンシャルオイル)を仕入れております。

海外からは英国Aromatherapy Trade Council(アロマテラピー精油取引協議会)及び、Soil Association(英国土壌協会)加盟社より輸入し、100%ピュア&ナチュラルな精油をみなさまにお届けしております。

また当社は、公益社団法人 日本アロマ環境協会(AEAJ)に加盟しており、取り扱っているすべての精油は「AEAJ表示基準適合精油」の認定を受けています。表示義務(学名、原産国、抽出方法、抽出部位、内容量)を厳守していますので、安心かつ信頼性の高い商品をご提供しております。

なお、国内の検査機関にて1アイテムごとに、成分分析を行っております。

※公益社団法人 日本アロマ環境協会(AEAJ)

フレーバーライフ公式HP

 

 

ゼラニウムの7つの効果・効能

  1. 防虫
  2. ホルモン分泌の調整
  3. 自律神経のバランスの調整
  4. ストレスの解消
  5. 情緒不安定の緩和
  6. 皮膚分泌のバランスをとるので、シワやシミになりにくくなる
  7. むくみを解消する

 

このような効果があると言われています。

 

ゼラニウムはバラに近い香りがするので、女性には人気の香りのようですね。

 

 

ユーカリ・ラディアータの9つの効果・効能

  1. 殺菌
  2. 抗炎症
  3. 解毒
  4. 花粉症の緩和
  5. 鎮痛
  6. 鼻水、鼻づまりの緩和
  7. 免疫力の向上
  8. 部屋の消臭、空気の清浄
  9. 気分のリフレッシュ

 

このような効果があると言われています。

 

ぼくの場合、ユーカリを入れるのは部屋の殺菌や消臭のために使っています。

 

created by Rinker
フレーバーライフ(Flavor Life)
¥860 (2019/02/25 15:41:05時点 Amazon調べ-詳細)

 

より効果の強いユーカリは、「ユーカリ・シトリオドラ」というユーカリです。「レモンユーカリ」というアロマも効果があります。

 

シトロネラールという成分が防虫の効果があると言われています。

 

オススメのアロマディヒューザーはコレ

 

ぼくが使っているアロマのディヒューザーですが、にゃんこ型のかわいいものです。

 

 

もともとは加湿器として買ったものなのですが、加湿効果が疑わしいもので(笑)、完全にアロマディヒューザー専用として使っています。

 

加湿器としては機能がそこまで能力ないのに、かわいくて手放せないんです…

 

湿度の高い夏場に加湿しては意味がないので、加湿効果が疑わしいということが逆にうまく機能してくれています!結果オーライ!笑

 

30秒噴射したら、30秒止まり、6時間機能する設定がありますので、それで使っています。

 

 

アロマオイルを使うときの2つの注意点

妊娠中の注意

 

妊娠中の場合は専門の医師に相談してからご使用ください。刺激が強すぎる場合があります。

 

ペットへの注意

 

また、犬や猫などのペットにはアロマは毒と言われているみたいですので、それも専門の獣医などに相談しながら、使うようにしてくださいね。

 

その他の効果があった蚊の対策

 

足の裏をアルコール消毒などで拭き、常在菌を減らすことで、蚊にさされにくくなる、ということが研究でわかっているそうです。

 

しかも、この研究は高校生が発見したものでした!

 

蚊に刺されやすい妹を助けたいと、独自に研究を行ってきた京都教育大学附属高校2年の田上大喜(たがみだいき)くん(16)。妹のいったい何に惹かれて蚊が集まるのかを様々な実験で調べたところ、靴下に蚊が反応し、盛んに血を吸おうとする行動を起こすということを発見しました。

さらに田上君は、多くの人の足の「常在菌(じょうざいきん※)」を培養してみました。すると蚊に刺されやすい人とそうでない人とでは常在菌の種類が大きく異なっていることをつきとめました。蚊に刺されやすい人は足の『常在菌の種類が非常に多い(多様性が高い)』ことが分かったのです!
専門家によると、人間が鼻でかぎ分けられるいわゆる「匂い」とは別に、一部の常在菌が出す脂肪酸などの化学物質や、その割合が『蚊を興奮させ、血を吸う行動をひきおこす』のではないか、ということです。

【※常在菌=健康な人の皮膚に必ず存在する菌。それ自体はまったく体に害を与えるものではない。いわゆる腸内細菌のように、人によって菌の種類や数の割合が違う】

NHK ガッテンより引用

 

足の裏を拭くようにしていますが、コレがなかなかいいみたいです。

 

蚊の多い外現場ですが、今年はまだ1度しかさされていません

 

ぜひ試してみてください。

 

まとめ

 

オススメのアロマは3つでした。

 

  1. ラベンダー・ブルガリア
  2. ゼラニウム
  3. ユーカリ・ラディアータ

 

この3つを同時に使うと、蚊は寄ってこなくなりますし、わりと大きなハエのような虫であっても弱って空中から落ちてきます。

 

そこんところでうまくトドメをさしてください!

 

試してみてくださいね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!