後悔しない決断の仕方。選択肢の決め方に迷ったらこういう風に決めてみて!

今日はお休みです。

さっき、夕日がいつものように輝いているのに、雪が降っていました。

お天気雪。

はじめてだったかもしれません。

[voice icon=”https://fujitamasayuki.net/wp-content/uploads/2017/01/masayuki2017.png” name=”まさゆき” type=”l”]こんにちは、絵画と作曲をつかった芸術作品をつくるために、絵画と作曲を研究している藤田です^^[/voice]

今回は、こういう風に決めたら後悔しなくなった!という選択、決断の仕方をお話しします。

後悔しない決断の仕方

結論は、キラキラする方を選ぶ、ということになります。

おいおいおい。なんか怪しくなってきたぞw

と、思われたかもしれませんが、本当のことなんです。

不思議だと思われるかもしれませんが、こういう決め方をすると後悔しなくなったんです。

後悔しない決断の仕方。決め方の3つの手順

選択肢を挙げる

簡単な選択の例を挙げると、「夕飯をなににするか」ということで迷ったとします。

  1. カツ丼
  2. お寿司
  3. ミートソーススパゲティー
  4. ハンバーグ

「気になる選択肢」を挙げていきますよね。

目をつむって、選択肢について考えてみる

で、目をつむって、それらの選択肢を一つずつ頭に思い浮かべます。

カツ丼をイメージ。

お寿司をイメージ。

ミートソーススパゲティーをイメージ。

ハンバーグもイメージ。

どうしても気になる。なんか光ってるように感じる選択肢を選ぶ

その中で、どうしてもこれが気になる。

なんだか光ってるように感じるってものがあるはずなんです。

理屈ではないんですが、ぼくは、それを選ぶと後々まったく後悔しません。

むしろ、「めっちゃいいものに決めた」って、スッキリします。

この決断の仕方のメリットは、どんなにたくさんの選択肢をあげても迷うことがないことです。

逆に、後悔する決断の仕方

逆に後悔するのは、メリットやデメリットで考えたり、役に立つとかたたないとか、いろいろなことを考えまくって決断した時です。

ぼくの場合、そういう風に決めたことはほぼ間違いなく後悔するんです。

もっといいと感じるものが後から見つかったりして。

なので、選択肢について、入念に調べることはしたり、選択肢を多く用意するとしても、最終的な判断を思考で決めないです。

最終的には、いつも、キラキラする、なんか光っているように感じる方を選びます。

まとめ 〜後悔しない決断の仕方〜

大きな決断でも、決断の仕方は、ほぼほぼ変わりません。

キラキラする方を選びます。

後悔しない決断の仕方、決め方の手順は3つです。

  1. 選択肢を挙げる
  2. 目をつむって選択肢について考える
  3. どうしても気になる。なんか光っているように感じる選択肢を選ぶ

決断の仕方に迷ったり、いい決め方を探していたら、試してみてください^^